ウィズ・ユー琴浦にしかできないこと

ウィズ・ユー琴浦にしかできないこと

ウィズ・ユー琴浦にできることはお子様が叶えたい夢のお手伝いです。

そして当施設においでになる保護者様の一番の望みは、お子様が実社会で自立して生きていくことだと思います。

時代がものすごいスピードで変化していく中、お子様たちが生きる未来の実社会は私たちの想像を超えて変化していきます。

私たちはこの変化していく未来を生き抜く力を育てるお手伝いこそ、放課後等デイサービスの役割ではないかと考えています。

このページでは私たちの考える「ウィズ・ユー琴浦にしかできないこと」について紹介します。

 

 

 

1.体験型プログラム ウィズエコノミー

【プログラム概要】

「体験型プログラム ウィズエコノミー」とは経済活動の体験プログラムです。

消費(買物)と販売が体験できるテーマパークをイメージしていただけると分かりやすいと思います。

ウィズ・ユー琴浦に来所するお子様たちにとって、施設の中で一番重要なのは「楽しむこと」です。

この「楽しむこと」という消費材を「買う」という消費体験にして、お子様たちの社会性スキル向上につなげるという目的を果たせる世界観をつくろうと考えたとき、一番ピッタリなイメージがテーマパークでした。

お子様が楽しめる様々なアトラクションを用意した「ウィズ・ユー琴浦」というテーマパークで、おもちゃのお金「ウィズ」を使いながらアトラクションを楽しみ、消費と販売を体験するプログラムが「体験型プログラム ウィズエコノミー」です。

なお、ウィズエコノミーで行うアトラクションは、ウィズ・ユー琴浦の運営規定に示す基本事業を楽しく行っていけるように工夫したものとなっています。

最初はテーマパークを楽しむために「消費体験」から始めていきます。

そして慣れてきたら、指導員たちが準備しているアトラクションを「ウィズ」で買い取って「販売体験」をしていきます。

アトラクションという「お楽しみ」を販売する事業主体験です。

さらに慣れてきたら、お子様自身が一からアトラクションを考えて作ってしまうのもアリです。

どんな斬新な発想が生まれるのか楽しみです。

こんな「お楽しみ」がいっぱいのテーマパーク「ウィズ・ユー琴浦」。

もちろん「体験型プログラム ウィズエコノミー」は施設営業日に毎日行います。

【目的】

子どもは楽しいことが大好きです。楽しいことに必要なことは、たとえそれが難しい技術でもどんどん覚えていきます。

勉強は苦手でも、ゲームになったとたん難しい言葉の表現を覚えたり、とんでもない技術を身につけていたりする、「ああいう力」のことです。

例えばウィズエコノミーでの事業主体験を成功させようと思ったとき、ウィズエコノミーに参加している友達の好きなことや趣味や性格を理解する必要ができてきます。

ただ「人の気持ちを理解しなさい」と言われるよりも、目的をもって行動しながら理解していくほうが身に付きやすいものです。

大人である保護者の皆様にも、座学よりも体験で身をもって覚えたことの方がいつまでも覚えている、というような経験があると思います。

このように自分たちが楽しく体験していくウィズエコノミーの中には、楽しみながら必要にかられて学ぶことが沢山ちりばめられています。

未来はすごい勢いで変化していますが、実社会のエコノミー(経済圏)を人がつくりだしているという事実は変わりません。

お子様たちが参加し、お子様たちがつくりあげていくウィズエコノミーでの経験は、お子様たちが未来の実社会を生きていくときにコンパスの役割を果たします。

ではウィズエコノミーの世界観がどんなものか説明していきましょう。

  • ウィズの獲得 「ウィズがもらえたよ♪」

  まずは使用してもらう通貨「ウィズ」を獲得してもらいます。獲得方法は来所して宿題を終えること。クリア報酬として紙幣100ウィズを10枚(計1000ウィズ)渡します。

  • ウィズの消費体験 「ウィズでいろんなことができるよ◇」

  1プレイ100ウィズの楽しいアトラクション(タブレットの使用、レゴブロックの使用、ウィズフィットネスへの参加、ボルダリング使用、ブルーレイ鑑賞、等々)を楽しみます。ウィズを使った消費体験です。

  • 銀行預金体験 「ウィズをためてみよう☆」

  ウィズ・ユー琴浦での一日を終えて、帰るときにはウィズ銀行にウィズを預けて帰ります。職員が通帳に手書きで残高を書き入れていきます。預金なのでもちろん引き出しもできます。

  • 事業主(販売)体験 「ウィズを稼いじゃおう♪」

  消費体験になれて来たら、販売、サービスの提供などの体験もしてもらいます。上手くいかないこともあると思いますが、職員が他の子に購買を促したりすることはしません。上手くいかなかったら、もっといいものができるように励まし、前向きにトライ&エラーができるように見守ります。ウィズを消費して楽しめるアトラクションを利用して、あたらしい仕事を発案にチャレンジすることもできます。映画館経営、コンサートを開催すミュージシャン業、動画コンテンツの提供をするタレント業(ユーチューバーもどき)など、指導員からのアドバイスもしながらお子様たち発案の「おもしろアトラクション」が生まれるのを待ちます。誰かに100ウィズを消費してもらうためには何を考えれば良いのか、ということを学んでもらうことが大切だと考えています。

  • 公共インフラ体験 「みんなを支えたらウィズをもらえたよ

  みんなのためになること(片付けや掃除、コップ洗いなど)をしたときは職員から別途ウィズが支給されます。イメージは公共インフラでの仕事(公務)です。人数に制限をつけ、やりたいというお子様が多いとき(応募多数のとき)はジャンケンや抽選で行うことができる人を決めます。

  • みんなのお楽しみ ウィズ宝くじ

  元々、ウィズ・ユー琴浦には、箸トレをはじめとする療育チャレンジがあります。これらの療育チャレンジへの参加にはウィズが不要(無料)となるようにしています。お子様は勉強も少々負荷のかかるチャレンジもあまり好きではありません。だから、療育チャレンジには報酬をつけるようにしました。チャレンジに成功したらウィズ宝くじを1枚渡します。抽選で当選するとウィズが手に入ります。おたのしみが待っていればお子様たちも頑張れます。

目次へ

 

2.療育のフレームワーク分析と療育チャレンジ

療育フレームワーク図

療育フレームワーク分析では、縦軸に知育性、横軸に社会性を設定し、ウィズ・ユー琴浦で行う療育活動の目的を明確にしています。

上のマトリックス図から私たちは、知育性、社会性が高いプログラムでは負荷が強まりストレス増となり、逆に低くなっていくと負荷が弱まりストレス減となると考えました。

ウィズ・ユー琴浦では弱負荷の楽しいプログラムで健康的な心身を育て、強負荷のプログラムに少しずつチャレンジしてもらうようにしています。

また、このフレームワーク分析は新たなプログラムを導入する際の指標となります。

保護者の皆様から伺うお話や日々のお子様の様子を参考に新たなプログラムを作成し、日々の療育活動として取り入れていきます。

その上で当施設の役割は改善ではなく促すこと。

良い場所と良い時間を提供しながら、スモールステップの良い目標を達成できるようにウィズエコノミーの世界観と連携し、社会と関わる練習をシュミレーションを通して行っていきます。

ウィズエコノミーのウィズ宝くじがもらえる療育チャレンジは、これまで作ってきた指導員手作りの療育おもちゃを使って、楽しみながら知らず知らずの内に生活スキルを向上していく工夫をもりこんだものです。

このように「お楽しみ」をうまく利用しながら、やる気を促しつつ達成する喜びを感じてもらいながら、生活スキルの向上を支援していきます。

目次へ

 

3.屋外活動

ウイズ・ユー琴浦では施設内での活動の他に野外活動を行うようにしています。

積極的に外出し、自然に触れることで育つ豊かな感性を大切にし、心身を健康に保つことを療育に必要な要素と考えています。

周辺の公園や海へ出かけるのはもちろん、夏休みには川遊びも行います。

また、実社会での買い物体験などの経験も積むことで、ウィズエコノミーと連動しながら自信が育つのを見守ります。

   

 

目次へ

 

4.IT機器の利用

IT機器の進歩は実態社会において、たくさんの変化を生み出しました。

その中で、コロナ禍によるテレワークの促進やSNSの進歩など、職業や交友関係といった社会生活における人との関わり方も大きく変化してきました。

大人数の集団社会にいなくても生計をたてることが可能な世の中になり、その新しい世の中で必要とされるスキルも変化しています。

当施設ではノートPCとiPadやiphoneを準備しています。

社会人にとって「スマホ一人一台」が当たり前となった今、苦手なことをアプリを使ってクリアし、ツールを使用する知恵を駆使して仕事をしていく、というような未来がお子様たちを待っています。

ウィズ・ユー琴浦ではウィズエコノミーを通して、スマートフォンやPCなどに慣れてもらい、新しい時代に必要なツールを使うスキルを身につけていただけるよう考えています。

 

またウィズ・ユー琴浦では、楽しく学べるプログラミング教材を準備しています。

プログラミングも新しい時代に向けて変化していきますが、概念の部分は変わりません。

当施設が準備している教材はその概念を体で覚えたり、触って遊んで理屈を覚えるもので、知識よりも知恵を育てる教材となっています。

これらのプログラミングおもちゃもウィズエコノミーにおいて、チャレンジ成功するとウィズ宝くじが手に入る楽しいアトラクションとして登場します。

【ラーニングリソーシズ】

【アリロ】

目次へ

お問い合わせ

お問合せ・ご応募はこちらから。お気軽にどうぞ。

TEL 0858-24-6317

FAX 0858-24-6318

お問い合わせフォーム