配車指南書3

 

 

 

配車指南書3「配車の電話はショートプレゼン」

この配車指南書シリーズは世で働く取扱業の配車マンたちへ送るメッセージです。

新人配車マン、自信を無くしている配車マン、など行き詰った配車係の悩みが少しでも解決できればと思い綴ります。

20年の配車人生の中で経験した失敗と、そこから学んだことを伝えることで、少しでも前向きになって働けるようになってくれたら幸いです。

 

配車における要件の伝え方

またまた、私が新人だった頃のエピソード。

先輩社員:「荷物の電話とトラックの電話がかかってくる。いいか!荷物はある、トラックはおるだ!」

ゲっ…と思うくらい乱暴な引継ぎのあと、一週間程でその先輩社員は異動になりました。

配車係が探すトラックとは、ドライバーさんと一体で運行できる状態を指します。だから探すときには「いませんか?」と尋ね、いるときには「います!」と答えます。荷物も同じで、様々な荷種を扱いますが、どんな荷物もそこに「ある」、「ない」で受け答えをします。

考えたら簡単な日本語の使い方の話なのですが、新人さんは混乱してしまいます。トラックを探しているのに「ありませんか?」なんて聞いてしまうから、取引先のベテランさんたちに「探しているのは荷物か!トラックか!分からんなら出直してこい!」とキレられます。

まずは冷静に落ち着いて要件を伝えることが大切です。

 

 

請けてもらえる伝え方

同じ配車依頼をするとき、頼む人次第で請けてくれたり請けてくれなかったりすることがあります。上司が電話すると請けてくれるのに自分がすると請けてくれない、そんなことが運送会社ではあるあるです。

長いキャリアの中で「それはきっとこうだから」という要素を見つけては納得し、その要素を自分の仕事にエッセンスとして付け足してきましたが、色々と勘違いも多かったように思います。その間違いの一つが、「仲良くなれば請けてもらえる」というもの。実はこれ全然違います。

親密な話ができるようになり、人と人との繋がりが深くなる担当者もいます。そういう関係を多く作れば、荷物探しもトラック探しも請けてもらえるからやりやすくなると思った時期もありましたが、これは違います。いくら親密な関係をつくっても、あなたの依頼の仕方に魅力がなければ請けてくれません。

では、どうして同じ案件なのに電話をかける人によって請けてくれたり、請けてくれなかったりするのでしょうか?これは私が配車の仕事を始めて20年経った今気づいたことなのですが、答えは伝え方にありました。

 

 

伝えること=ショートプレゼンという捉え方

プレゼンという考え方に触れる機会があり、その大切さに気付きました。

配車の電話は、荷物を探す依頼にしろ、トラックを探す依頼にしろ、長くても2分ぐらいです。レスポンスを大切にする業界なので、短く簡潔に要件を相手に伝えることが求められます。ベストは1分程の時間で依頼したいことを請けてもらえる内容に変換して伝えることです。

伝える人の違いで相手が請けたり請けなかったりする理由は、伝えることの能力の差にあります。

プレゼンは、伝えたい相手に自分の提案を通じて商品の魅力を伝える技術です。たかだか配車と考えず、これを1分間のショートプレゼンと捉えて取り組むだけで成果が変わってきます。私もこれまで、プレゼンと捉えていないながらも、あの手この手を使って魅力を感じさせて仕事を請けていただいてきました。

相手に映った自分の人柄を研究し、魅力的に感じさせるプレゼンを沢山作ることができるようになれば、配車のマッチング成約率は上がっていくでしょう。人柄については前回の配車指南書2でも触れています。皆さまも、試しにショートプレゼンの作成に取り組んでみてください。

 

 

公式 Instagram(インスタグラム) ➡ @inabasyoun

公式 Facebook(フェイスブック) ➡ @inabasyoun

お問い合わせ

お問合せ・ご応募はこちらから。お気軽にどうぞ。

TEL 0858-24-6317

FAX 0858-24-6318

お問い合わせフォーム