配車指南書2

 

 

配車指南書2「営業は人柄」

この配車指南書シリーズは世で働く取扱業の配車マンたちへ送るメッセージです。

新人配車マン、自信を無くしている配車マン、など行き詰った配車係の悩みが少しでも解決できればと思い綴ります。

20年の配車人生の中で経験した失敗と、そこから学んだことを伝えることで、少しでも前向きになって働けるようになってくれたら幸いです。

 

話をしたくなる人物になる

新人時代の私が「つかえない兄ちゃん」から「ちょっと助けてよお兄さん」に変わるまでの話。

上司から「半年持たない」と皮肉られながら叱られていた頃、取引先の年配の配車係さん達から「つかえない兄ちゃん」と散々な言われようをしていました。

配車係として判断もできるようになり、マッチングもできるようになってもまだ「兄ちゃん」の扱いで、重要な案件は上司に繋ぐという毎日が続きました。

そんな私でしたが、ある行動をきっかけに成長し始めます。

取引先の年配配車係Kさんと電話で話しているとき、Kさんのキャリアについて聞きました。Kさんは自分という個人に興味を持たれたことが嬉しかったのか、私に色々なことを教えてくれました。そして、H専務と同じように私の世話を焼いてくれるようになりました。

それまでの私は、相手も取引先の担当者である前に、「一人の人間」だということを分かっていませんでした。業務とはいえ、ただ杓子定規にするのではよろしくないということです。

面白みの無い人間よりは 話せる人間 や 自分を慕ってくれる人間 の方が良いでしょう。

 

 

取り組む姿勢が相手を動かす

Kさんとのやり取りの中で、私は水屋の配車係としては珍しい経験をすることになります。

私が当時配車係として座ったのが大手メーカーの物流子会社の椅子でしたので、研修といっても一通りの座学のみ。したがって、運送の現場に足を運ぶことはほとんどありませんでした。

そんな中、私のマッチングさせた案件において「荷崩れ製品事故」というトラブルを経験します。Kさんといつもの雑談中、このことを話すと思わぬ提案をされました。

「その荷崩れは積込の仕方に問題がある。指示がしっかりできないから製品事故になる。今度同じ輸送案件の時に教えてやるから現場に出てこい。」

ただの口約束だと思っていたら、本当に同じ輸送案件の時にKさんから連絡がありました。これを上司に話したところ、上司も快諾。現場に行き、Kさん指導の下、ドライバーさんが積込完了するまで立会いました。

実際の現場を知ることで、私はこの輸送案件のプロフェッショナルになることができました。これは新人配車係の私にとって、大きな自信となりました。

ほんの少しの行動力 と 仕事に取り組む姿勢 がきっかけを掴んだという事例です。

 

 

行動は人柄をつくる

当時の上司曰く、これを境に私は一皮むけました。自ら進んで取引先に電話をかけたり、雑談を交えながら多くの担当者と交流を深めたり…以前より配車の仕事に積極的になりました。

小さな行動を繰り返し、自分の経験値を増やしつつ、少しでも人の役に立てるよう頑張りました。それは「つかえない兄ちゃん」を卒業し、親しみの込められた「お兄さん」に進化した瞬間でした。

私の上司は、配車マッチングの際の運賃交渉を新人の私にさせませんでした。そのおかげもあって、人の役に立てる仕事をすることに専念でき、「真面目で前向きな人柄」を作ることができました。

・・・・・・・・・・・・・

顧客は営業マンの人柄に寄ってきます。人柄には、行動原理が映し出されるからです。

世の中には他人からの賞賛を求める欲求、名誉欲を原動力に仕事をする人がいます。これが悪いとは言いませんが、「どうだ俺はすごいだろう」と言ってくる人に仕事を任せたいとは思いませんよね。

どれだけ自信があっても、そういう部分は小さくして、人にWINを与える努力をすると良いでしょう。人柄をつくるのも、一つのテクニックだと私は思っています。

行動の基となる部分を自分でコントロールすることは、自然と人を引き寄せる人柄に繋がります。

これができれば営業職は非常にやり易くなります。皆さまも是非、人を引き寄せる人柄を身に着けてみませんか。

 

 

公式 Instagram(インスタグラム) ➡ @inabasyoun

公式 Facebook(フェイスブック) ➡ @inabasyoun

お問い合わせ

お問合せ・ご応募はこちらから。お気軽にどうぞ。

TEL 0858-24-6317

FAX 0858-24-6318

お問い合わせフォーム