配車指南書1

 

 

配車指南書1「まずは行動」

この配車指南書シリーズは世で働く取扱業の配車マンたちへ送るメッセージです。

新人配車マン、自信を無くしている配車マン、など行き詰った配車係の悩みが少しでも解決できればと思い綴ります。

20年の配車人生の中で経験した失敗と、そこから学んだことを伝えることで、少しでも前向きになってくれたら幸いです。

 

図太くなろう

「嫌われる勇気を持て」

何かの心理学の自己啓発書みたいに言ってみました。すみません、言ってみたかっただけです。しかし、実際にこの概念は配車係の精神を支えます。これを私流に言うと、「図太くなろう」。

 

私が配車係として初めて席についた頃の話です。その頃はまだ、仕事は「目で盗め」「叱られて身をもって覚えろ」というような時代でした。未経験の人間をナンバーディスプレイのないビジネスフォンの前に座らせ、何も教えぬまま「電話をとれ」とだけ言い、ただひたすら電話を上司に繋がせる。今なら確実にパワハラ騒ぎです。しかし、当時は耐えるしかなかったので、私はただただ電話をとりました。

まだ慣れていないと、お客さんの会社名や名前が聞き取れないことってよくありませんか?「そういう時にもう一度会社名やお名前を聞き直すと、気が狂ったように怒るお客さん」っていう生き物が私たちの業界には生息しています。

時々取引先の新人さんに聞くと、今でもまだ「あるある」らしく、そのような生き物はしぶとく生息してるようです…笑

「○○さん(上司)いるか?」と電話してきて、「どちら様でしょうか?」と私が聞き返すと「✖✖$%✖!!」と言葉にならない怒りを喰らわせてきた超危険生物もいました。新人時代の私は繊細だったので、かかってくる電話がとれなくなりました。

そんな時、とある取引先の配車担当していたH専務さんが教えてくれました。

H専務:「大丈夫、怒られても命まで取られはせんよ。気にしんさんな(しなくていい)。電話繋いどるだけじゃ、つまらんじゃろ。用事を聞きんさい(聞いてみなさい)。聞かんと覚えんで(聞かないと仕事は覚えられないよ)。」

この、命まではとられないという言葉は今でも私の心の支えとなっています。命さえあれば失敗しても何度でも立ち上がれる、という勇気をくれた言葉だからです。

そこから私は、ただのメッセンジャーボーイから御用聞きにレベルアップを果たします。聞き取れず怒られることに加え、御用を聞いても理解できずに怒られることも増えましたが、しつこく分からないことをお客さんに聞くことで少しずつ配車が何かを理解していきました。これが私の上司の狙いだったのだと思います。

そんなこんなでしばらくして、H専務は私が初めて配車をマッチングさせたときのお客さんになりました。私は「命まではとられない」の言葉に支えられ、配車係のスタートラインに立ちました。

上司にはギャーギャー怒られ、挙句の果てに「配車係に向いていない、半年持たない」とまで言われ、取引先には「えらい使えない兄ちゃんが入ったな」と皮肉られる毎日でした。でも、確かに命まではとられませんでした。命はとられないけれど、その言葉を頼りに「図太くなろう」としなければ、大事な自尊心を奪われていたかもしれません。なんと罵られようとも「俺はできる。やってやる。」と前向きでいられました。

数年が過ぎ、一人前の配車係として仕事をしているところへ、私の初めての上司が電話をしてきて言いました。

上司:「お前は私が教えた配車係の中で一番の弟子だった。」

いやいや、向いてないって言ってたよね?と思いましたが、素直に「ありがとうございます」と言えました。時間が経っていたからなのか、私が少しだけ大人になっていたからなのか、「勝った」とは不思議と思いませんでした。その代わりに感じたのは、色々な偶然が重なったのかもしれないけれど、図太くなれたこと前向きな姿勢を手に入れられたことへの感謝の念でした。

 

 

強い想いは必ず実現する

私が図太さを手に入れ、前向きな姿勢を手に入れた後、ずっと心に持ち続けたことがあります。それは「できると思って続けたことは必ずできるようになる」という意識です。

世の中には「無駄」とか「無理」とかいう言葉をつかって諦める人がいます。そして、そういう人に限って他人にもそう言って諦めさせます。自分ができないと思ったことを他人ができるようになるのが面白くないからです。

私は子どもたちのサッカークラブを創部するために、35歳の時、サッカーを始めました。コーチ資格取得のため講習を受けた時、インストラクターは私たちにこう言いました。

インストラクター:「(リフティングは)子どもはまだ脳も身体も柔らかいから、いくらでもできるようになります。でも皆さんはもう年だから無理です。素人が今から練習しても絶対に無理です。」

大人が「絶対無理」と言われて諦める姿を、これから教える子どもたちに見せる訳にはいきませんでした。ひと月、毎朝早起きして、いい大人がボロボロになるまでボールと戯れました。

その結果、リフティング100回当たり前にできるようになり、それから10年経った今、足で上げたボールを頭の上で止めることも出来るようになりました。どうやってできるようになったか聞かれますが、答えは簡単です。「できる」と思って続けたからです。

続けようとする時、自分の心の中や周りの他人が「無理」、「無駄」をちらつかせてきます。まずはそんな雑念が気にならなくなるくらい、周りのことを気にせず図太くなりましょう。

あとは簡単です。できるまで続けることです。そうすればできると思ったことは必ずできるようになります。

 

 

入口は精神論でも良い

今ごろの若い人には嫌われてしまうかもしれません。

でも、仕事で成功を収めたい、配車係でブイブイいわせたいと思うのであればこれは大事です。

無理・無駄を蹴散らし実績を作れば、お客さんの信頼を得ることができます。

できないと思っていたことを貴方ができる姿を見せるだけで良いのです。

その成功に繋がる行動力は自らの内から生まれます。

おすすめの書籍に、ナポレオン・ヒル著の「思考は現実化する」があります。

辞書みたいな厚さの本なので敬遠してしまうかもしれませんが、読破するのにチャレンジしてみると良いでしょう。

成し遂げたいことがあるのならば、それを現実のものとするためにまずは図太くなりましょう。

そして、できると信じて続けましょう。

今はなんでもない仕事が、あなたの人生を大きく変えるかもしれません。

 

 

公式 Instagram(インスタグラム) ➡ @inabasyoun

公式 Facebook(フェイスブック) ➡ @inabasyoun

 

 

 

お問い合わせ

お問合せ・ご応募はこちらから。お気軽にどうぞ。

TEL 0858-24-6317

FAX 0858-24-6318

お問い合わせフォーム