楽しく一歩先へ

楽しく一歩先へ。

ウィズ・ユー琴浦の運営法人、ファン・ステップの名前の由来です。

仕事を、私生活を、人生を楽しみながら前向きに進んでいきたいという想いが込められています。

だからウィズ・ユー琴浦も「日本一前向きになれる放課後等デイサービス」を目指します。

人は想い一つで上を向くことも下を向くこともできます。

自分の境遇をなげくよりも、それをプラスに捉えて前向きにいく方が良いです。

「一つのことしかできない」と言うよりも「一つのことに集中できる」と言い換えるほうが良い、とよく言うじゃないですか。

自分の人生をより良く輝かせるのは周りの「だれか」ではなく自分自身でしかありません。

人生は一度きり。

どんなに恵まれた境遇で、どんなに恵まれた体格の人でも、前向きな姿勢をもたず、一歩先へ進もうとする努力をしないものには明るい未来はこないし、逆に環境や境遇に恵まれなくても、前向きに進もうとしている人たちには「生まれてきて良かった」「生まれてきてくれて良かった」と思える日々が待っていると真剣に信じています。

どこでどんな出会いがあってどんな変化が起こるのか分からないのが人生です。

しかし、それでも一番大事なのは自分の、自分たちの足で進もうとするその一歩なのです。

これは「ウィズ・ユー琴浦へ一歩進んでくださいね」ってことではありません(笑)。

まあ、確かに利用者さんが増えるのは嬉しいですが…。

でもここではそうじゃなくて。

未来は誰も分からない。

分からない暗闇のような未来に進むのは勇気がいる。

後ろ向きな気持ちで止まって誰かの助けを待っていても、だれも助けてくれません。

だけど、自分の力でその一歩を踏み出すことができたら、同じように一歩踏み出している誰かが手を差し伸べてくれたり、肩を貸してくれたりして、明るい未来に向かって、ともにすすんでくれるようになります。

人の社会とは本来そういうものです。

「日本一前向きな放課後等デイサービス」を目指して、先ずは企業のトップが前向きにならなければなりません。

もちろん職員たちも。(これには全然心配していません)

そして、未来に向かって「楽しく一歩先へ」進もうとしてくれる仲間がたくさん増えることで、社会をより良いものにしていくことができたらな、と心から願っています。